MENU

【コレクトサーフ】サーフィン・ボトムターンのやり方・コツ・練習方法を解説【#03】

当ページのリンクには広告が含まれています。

奇跡のサーフメソッド』著者でコレクトサーフ・コーチの越地建さんが、迷えるサーファーの悩みを解決する「週末サーファーラジオ。サーフィンの楽しみ方の全て」をご存じですか?

サーフィンを「海・身体・道具・メンタル」の4つの特性から論理的に回答。初・中級サーファーから、言語化されて分かりやすい!モヤモヤが晴れた!頭で理解できた!と評判の対談型ラジオです。

本サイトは、お悩み相談でテーマに上がった課題や疑問を解決した備忘録です。

奇跡のサーフメソッド』を実践できるコレクトサーフは、公式LINEからクーポンコード【surfmeshi01】を登録すると30日間の無料体験が受講できます。

目次

ボトムターンの場所。最も理想的なボトムラインの見極め方

今回のテーマは『ボトムターンの場所。最も理想的なボトムラインの見極め方』についてです。

ボトムターンって、どの場所でターンするのが本当は良いのだろう?こんな疑問に答えます。

ボトムターンしてもスピードが出ない。

僕は、ボトムターンからトップに上がれない。

本記事では、サーフィンの基本でありながらも多くのサーファーが理想とする「ボトムターン」の最も効果的な場所と注意点にフォーカスし、初心者から上級者まで役立つ実践的な解説を行います。

  • スープの下でボトムターンを開始することの重要性
  • ボトムのパワーゾーンでの動き方
  • ミックファニングのノーズをビーチに向けたサーフィン
  • ボトムターンの重要性と正しい実施法
  • 波によってリエントリーするかカットバックするかを決める
コレクトサーフ・オンラインスクール
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • いつでもどこからでもプロに直接相談ができる サーフコミュニティ。
  • サーフィンを科学的に言語化しているから”簡単”に理解できる。
  • 体の仕組みから楽におこなうパドリングを学べる。
  • テイクオフを徹底的に学べる。
  • 同じ知識を持った仲間達と情報共有できる。
  • 週一サーフィンでも今の10倍上手くなれる。
デメリット
  • 月額制。(自己投資)
  • Zoom環境が必要。(スマホでOK)
  • オンラインスクール。(オフラインスクールも充実)
お得情報

コレクトサーフに通常申込の場合、7日間の無料体験が受けられますが、下記の公式LINEからクーポンコード【surfmeshi01】を使って登録すると無料体験が30日間受けられます。

\ LINE登録でクーポンコードを使うと30日間無料体験 /

クーポーンコード【surfmeshi01

スープの下でボトムターンを開始することの重要性

サーフィンのテクニックにおけるボトムターンの開始位置は、サーファーにとって最適なライディングを実現するために欠かせない要因です。

特に波の断面でいう「スープ」と呼ばれる部分の下で行うボトムターンの意義を深掘りし、なぜそれが理想的なのか、またどのような効果があるのかを、実践経験に基づき詳述します。

サーフィンにおいてボトムターンは基本中の基本であるとともに、最も重要視されるテクニックの一つです。ボトムターンの重要性は、波に接するタイミングと位置が次の動作への連鎖を決定づけるからです。

特にスープの直下で行われるボトムターンは、波のエネルギーが最も活用できるポイントであり、これに成功すると理想的なラインでのライディングへと繋がります。

では、具体的にボトムターンをスープ直下で開始するメリットとは何でしょうか。第一に、波のパワーゾーンであるリップからのエネルギーを最大限に利用できます。

波の断面において、水の吸い上げがリップで起きています。ボトムターンをスープ直下で開始することで、この吸い上げたエネルギーを上手く活用し、勢い良く次のセクションにアプローチすることが可能となります。

こういった理論に基づいてプロサーファー達は、クリティカルな波でも最高のパフォーマンスを見せます。例えば、イザユイン選手や過去のアンディ・アイアン選手といったトップアスリートたちは、波のギリギリを攻めることで圧倒的なライディングを披露しています。

もちろん、ボトムターンをスープ直下で開始することに対する疑問や反論も存在します。一般的なサーファーにとっては、このテクニックが難しいと感じることもあるでしょう。実際には、スープ直下というポジションは非常にチャレンジングであり、正確なタイミングとバランス感覚が要求されます。しかし、ここで言いたいのは、この理想的なラインを捉えるためには、ボトムターンをいかにスープ直下で開始するかが鍵になるということです。

最後に再度強調したいのは、スープ直下でのボトムターンがもたらす効果の大きさです。これによりサーファーは、波のエネルギーを上手く利用し、次のセクションへとスムーズに移行することが出来るのです。サーフィンスキルの向上を目指している方は、こうしたテクニックの重要性を理解し、積極的にチャレンジしてみてください。

\ LINE登録でクーポンコードを使うと30日間無料体験 /

クーポーンコード【surfmeshi01

ボトムのパワーゾーンでの動き方、あなたは掴んでいますか?

サーフィンにおけるボトムターンは、波を駆け上る際の第一歩であり、波との素敵なダンスを始める瞬間です。しかし、多くのサーファーがこの重要な動作を見落としがちで、それがパフォーマンスを左右するという事実を十分に認識していません。

  • ボトムターンの重要性とは?パワーゾーンでの効果的な動き方
  • 練習方法・コツを徹底解説
  • ボトムターンをマスターすることの意義

サーフィンを愛する皆さんにとって、この記事がボトムターンの理解を深め、波との一体感をより高めるための手助けとなることを願っています。

ボトムターンの重要性とは?パワーゾーンでの効果的な動き方

波を滑るうえで、速度と流れの管理は極めて重要です。ボトムターンは、波の力を利用して加速するための基本技術であり、波のパワーゾーンを活かすためのカギとなります。ボトムターンが上手くいけば、素晴らしいパフォーマンスへと繋がり、逆に失敗すると波との一体感を損ねてしまうのです。

パワーゾーンを見極めるには、波が押してくる力を感じ取る洞察力が求められます。波の底に足を踏み入れすぎると、かえって失速しやすくなります。一方で、波が押し上げてくれるポイントを狙うことで自然と加速がつき、滑り出しがスムーズになります。

\ LINE登録でクーポンコードを使うと30日間無料体験 /

クーポーンコード【surfmeshi01

練習方法・コツを徹底解説

ボトムターンを習得するには、自分自身の動きを抑制することが肝心です。ノーズをビーチ側に向け、波の力を待つことで、波に滑らされる感覚を掴むことができます。そして、波が追い上げてくるタイミングでボードのレールを水面にセットし、加速を引き出すことが重要です。

多くのサーファーがボトムターン時に力任せにブレーキをかけることで速度を上げようとしますが、これは間違いです。波のパワーを最大限に利用するには、波のリズムに身を任せることが肝要です。

ボトムターンをマスターすることの意義

ボトムターンの技術を磨くことで、サーフィンがさらに快適で楽しいものになるでしょう。波との対話が深まり、波の微妙な変化に自然と身体を合わせられるようになります。

以上がボトムターンに対する私たちの考察とその実践方法になります。この動作はサーフィンの基本中の基本であり、熟練の技術を持っていても常に見直し、磨きをかけるべきものです。サーフィンの素晴らしさをより深く味わうためにも、ぜひともこのボトムターンをマスターしてください。

\ LINE登録でクーポンコードを使うと30日間無料体験 /

クーポーンコード【surfmeshi01

ミックファニングのノーズをビーチに向けたサーフィン

サーフィンにおけるボトムターンの成功は、その実行する正確なタイミングと場所にあります。特にダブルパンプの技術を使った美しいボトムターンは、プロサーファーの間でも注目の的ですが、多くのサーファーがミスを犯しがちな点です。

ここで、ボトムターンを見極め、実践する上での知識と技術を深堀りし、プロサーファー、特にミック・ファニングの例を交えつつ、理想的なターンの方法を学んでいきましょう。

  • ボトムターンの重要性と、それを成功に導くポイント
  • アンディ・アイアンズとミック・ファニングの流儀の比較と学び
  • 誤ったダブルパンプの一般的な問題点とその回避策
  • 最適なボトムターンを身につけるための具体的な練習方法

ボトムターンの重要性と、それを成功に導くポイント

理想的なボトムターンには、波の形を的確に読み解き、適切な瞬間に、最も効果的な場所でパンプする技術が必要です。しかし実際には、その正確な実行が容易ではありません。

アンディ・アイアンズとミック・ファニングの流儀の比較と学び

プロサーファーであるアンディ・アイアンズは、特定の波のセクションにおいて精密なダブルパンプを行い、最適なポイントでターンを開始しました。これに対して、ミック・ファニングは、独自のノーズ方向の調節で、ボトムターンの新たな可能性を開拓しました。

例えば、アンディのようにダブルパンプを行うサーファーが多く見られますが、彼の技術を正確に模倣できず、最良のポイントを逃すことがあります。一方、ミック・ファニングはノーズをビーチ方向に向け、異なるアプローチで波との一体感を見つけ出し、ボトムターンを実行。この違いを理解し、自分のスタイルに取り入れることが重要です。

誤ったダブルパンプの一般的な問題点とその回避策

一部のサーファーが誤ったダブルパンプにより、波のクリティカルなセクションを飛び越えてしまい、理想的なトップターンの場を失っています。

これを避けるためには、波の行動をよく観察し、自身の動きをコントロールする必要があります。上手いサーファーは、波の力を利用し、限られたスペースを活用してターンする技術を持っています。

最適なボトムターンを身につけるための具体的な練習方法

最終的に、美しいボトムターンをマスターするには、ただ漠然と練習するのではなく、波の形やサイズに応じた適切な場所選びとタイミングが必要です。練習を通じて、アンディやミックの流儀から学び、自分に合った最適な方法を見つけ出しましょう。

サーフィンの真の楽しさを知り尽くしているミック・ファニングのように、ビーチを目指すノーズの方向性と、波に乗る喜びが、サーフィンスタイルの向上に繋がるのです。

\ LINE登録でクーポンコードを使うと30日間無料体験 /

クーポーンコード【surfmeshi01

ボトムターンの重要性と正しい実施法

サーファーにとって波に対する理解は、華麗なサーフィンを実現する上で不可欠です。特に、ボトムターンとは、その後のマニューバに影響を及ぼす基本的な要素であり、そのパフォーマンスは波との一体感を高める鍵となります。

ボトムターンの効果的な位置選びやそのコツ、そして練習方法について深堀りして解説します。

  1. サーフィンにおけるボトムターンの真の理解
  2. 波の性質を見極めるボトムターン
  3. 技術向上に不可欠な練習方法
  4. ボトムターンで巻き起こる共通の誤解
  5. 波との対話を重視したボトムターンの重要性

波の性質を見極めるボトムターン

ボトムターンを単なる動作として考えると、波の特性を見逃してしまう可能性があります。例えば、波のパワーが弱い場合、深く下りすぎるとボードが十分な推進力を得られず、ターンの完成度が低下します。

波のパワーが弱い場合には、波の勢いに合わせた浅く長いボトムターンが望まれ、次の動作へのつながりも変わってくるのです。

実践での練習方法に関しても、単に動作を繰り返すのではなく波の形に注意を払いながら、どのようなボトムターンが最適かを見極めるトレーニングが効果的です。

波のセクションごとに適切なボトムターンを意識して自然と体が覚えるまで繰り返しましょう。

技術向上に不可欠な練習方法

ボトムターンで重要なのは、波の動き(ほれ上がり方)を見ながら、適切なボトムターンにチャレンジする姿勢です。波の特性に合わせたカービングラインの選択、リエントリーやカットバックなどの動作により、波が板をオートで最適なラインへと導きます。

サーフィンにおける基本のひとつであるボトムターンは、波の優雅なカーブを読み解き、それに合わせたボトムターンを身につけることが、究極のサーフィンスキルアップに繋がります。

\ LINE登録でクーポンコードを使うと30日間無料体験 /

クーポーンコード【surfmeshi01

波によってリエントリーするかカットバックするかを決める

サーフィンでのボトムターンは波乗りの基本中の基本ですが、いざ実践するとなるとその難しさに多くのサーファーが躓いています。適切なボトムターンのタイミング、そのやり方とコツ、さらには効果的な練習方法まで詳しく解説していきます。

  • ボトムターンのタイミング見極め方
  • ボトムターンの基本テクニックとマスターする

サーフィンでの成功に不可欠なボトムターンには、波の状態に応じてフレキシブルに対応する能力が求められます。リエントリーかカットバックか、選択は波の動きを読み、自身の位置を瞬時に判断するサーファーのスキルに委ねられます。

ボトムターンのタイミング見極め方

簡単なようで奥が深いボトムターンの技術ですが、まずは波の「スープ」が最も力を持っている部分、言い換えればパワーゾーンでのタイミングを見極めることが重要です。

このポイントを逃すと、波のエネルギーを活かしたダイナミックな動きが不可能になるためです。次に、海面に対して自分のサーフボードのノーズがビーチ方向を指すようにターンすることで、スピードを生み出し、波との調和も取れやすくなります。

具体的な技術としては、ボトムターンでは前方でなく、サーフボードのノーズが海岸線に向かうように意識することがカギを握ります。

これにより余計な慣性を切り、波のエネルギーを利用してスピードを増すことができます。さらに波の追いつく余裕を与えるとともに、次の動作への準備時間も生まれるのです。

\ LINE登録でクーポンコードを使うと30日間無料体験 /

クーポーンコード【surfmeshi01

ボトムターンの基本テクニックをマスターする

ボトムターンは単なるターン技術だと考えがちですが、実際には波の動きをよく見て波と調和すること。強引にターンを決めようとすると、せっかくの波のエネルギーを逃してしまうことになります。

適切なボトムターンは、常に一番吸い上げの強いスープが見えるボトムのパワーゾーンにいる事を意識して波の後ろギリギリを攻める。

そして波のピークから降りて一気に加速しターンの準備を整える際、サーファーはボードのノーズを海岸線に向ける。これは、単にボードを横向きにして斜面を下るのではなく、直線的に海岸線を目指し、その勢いでターンに入る技術です。

ノーズを海岸に向けた状態で波と並走することで、より多くのスピードを得られるだけではなく、次のアクションへの準備につながります。サーフィンのレベルUPには、この一連の動きが重要です。

まずは、小さな波から練習を始めボードコントロールの基礎をマスターし、より大きくより力強い波でのボトムターンを反復練習。体に動きを覚えさせることで自然に美しいカーブを描きながら波を駆け上がることができるようになります。

ぜひ今日からボトムターンの練習にチャレンジして、新しいサーフィンの世界を開いてください。

\ LINE登録でクーポンコードを使うと30日間無料体験 /

クーポーンコード【surfmeshi01

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次