MENU

【コレクトサーフ】サーフィン・正しいトップターンのやり方・コツ・練習方法を解説【#02】

当ページのリンクには広告が含まれています。

奇跡のサーフメソッド』著者でコレクトサーフ・コーチの越地建さんが、迷えるサーファーの悩みを解決する「週末サーファーラジオ。サーフィンの楽しみ方の全て」をご存じですか?

サーフィンを「海・身体・道具・メンタル」の4つの特性から論理的に回答。初・中級サーファーから、言語化されて分かりやすい!モヤモヤが晴れた!頭で理解できた!と評判の対談型ラジオです。

本サイトは、お悩み相談でテーマに上がった課題や疑問を解決した備忘録です。

奇跡のサーフメソッド』を実践できるコレクトサーフは、公式LINEからクーポンコード【surfmeshi01】を登録すると30日間の無料体験が受講できます。

目次

サーフィンのレールワークとテールワークの使い方

今回のテーマは、サーフィンの技術論における永遠の課題、レールワークとテールワークの使い方です。特にトップターンでの後ろ足の使い方は多くのサーファーが悩むポイントのひとつですよね。

よく、トップターンで後ろ足を蹴れって言われるんだけど、本当かなー?

どんな効果があるのか知りたいよね。

この記事では、サーフィンのトップターンにおいて後ろ足の力をどう活用するべきか、そのメリットとデメリットを解き明かします。

  • トップターンの効果的な技術について深く理解する。
  • レールに乗ることで生まれるスピードとパワーの重要性。
  • トップターンの際に後ろ足を使うことのメリットやデメリット
コレクトサーフ・オンラインスクール
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • いつでもどこからでもプロに直接相談ができる サーフコミュニティ。
  • サーフィンを科学的に言語化しているから”簡単”に理解できる。
  • 体の仕組みから楽におこなうパドリングを学べる。
  • テイクオフを徹底的に学べる。
  • 同じ知識を持った仲間達と情報共有できる。
  • 週一サーフィンでも今の10倍上手くなれる。
デメリット
  • 月額制。(自己投資)
  • Zoom環境が必要。(スマホでOK)
  • オンラインスクール。(オフラインスクールも充実)
お得情報

コレクトサーフに通常申込の場合、7日間の無料体験が受けられますが、下記の公式LINEからクーポンコード【surfmeshi01】を使って登録すると無料体験が30日間受けられます。

\ LINE登録でクーポンコードを使うと30日間無料体験 /

クーポーンコード【surfmeshi01

トップターンの効果的な技術について深く理解する。

トップターンでよく言われる「後ろ足を蹴り込む」が、本当に効果的なのか?そのメリットやデメリットについて掘り下げます。

トップターンの際、後ろ足で蹴り込むって本当?どうなるの?

後ろ足を蹴り込むって言うのは、サーフィンの中で本当にあるのか?

結論。あるはあるけど「技のバリエーションの部分になる」です。

後ろ足を蹴り込むと下記の状態になります。

  • 板がリリースする
  • レールが抜ける
  • 板がフラットになる
  • フローが止まる

具体例をあげると、後ろ足を蹴り込むと板はフラットの状態になります。

テールを蹴ると言うことは、後ろ足が乗っかっているテール部分のレールエッジを蹴ることになるので、水を離す特徴を持っているレールエッジの効果により板はリリースします。

板がリリースするということは、何が起きるかと言うとレールが抜けてしまうと言うことです。

せっかくレールが入って板にスピードが乗っているものに対し、あえて後ろ足のテールを蹴ることによりレールを抜いてしまうので、フローは止まってしまう状態になります。

レールに乗ることで生まれるスピードとパワーの重要性

サーフィンの3大原則「スピード、パワー、フロー」があります。この重要性について解説します。

サーフィン試合判定(Judge Quite Terrier)の3大要素

下記は、サーフィン試合判定(Judge Quite Terrier)の3大要素、サーフィンの3大原則とされています。

  • スピード
  • パワー
  • フロー

サーフィンのスキル向上を目指す上で、多くのサーファーが直面する課題ですよね。波を読み、ボードを操ることで、見る者を魅了するパフォーマンスを繰り広げます。

そのためには、スピード、パワー、そしてフローという3つの要素が重要となります。サーフィン大会での技術評価において不可欠なこれらの要素の意味と、その具体的な向上方法について詳しく解説していきます。

スピード、パワー、フローのサーフィンへの影響

サーフィンにおける最も基本的な部分は、ベーシックマニューバーであるレールターンの完成度です。この動きが確立することで、全体のフローが生まれ、その結果としてスピードとパワーが生み出されるようになります。

フローには波との一体感や滑りの連続性が必要であり、これがあることで、たとえばカットバックやスナップといった高度なテクニックが可能になります。

レールターンの質が高まることで、技の種類を増やすことができ、これらのバリエーションは試合における評価の幅を広げます。

\ LINE登録でクーポンコードを使うと30日間無料体験 /

クーポーンコード【surfmeshi01

技術評価を左右するベーシックマニューバー

審判はジャッジメント・クライテリアに基づいて演技を採点するため、基本技のクオリティはスコアに直結します。技術の精度を高めることが、競技者としての成績向上につながるのです。

一見単調に見えるベーシックマニューバーも、その精度が要求される競技世界では決してあなどれません。

判定基準としては、どれだけ波との調和を保ちながらスピード、パワー、フローを維持できているかがポイントとなります。

波のサイズや形に応じたマニューバーの選択、波のエネルギーを最大限に活用したパフォーマンスが求められるのです。

最終的に、サーフィンとは自分自身のスタイルを磨き続けるスポーツであり、それが競技の評価にも大きく反映されるという点を理解しておくことが重要です。

スピード、パワー、フローを高めるためには、基本に立ち返り、地道な技術練習を重ねていくべきです。

それが競技において優れたパフォーマンスを発揮し、より高い評価を獲得するための鍵となります。

ベーシックマニューバーの重要性について

サーフィンの技術向上においてベーシックマニューバーは不可欠です。サーファーが波上で適切なボードをコントロールするためには、基本的な動きとその作用を把握する必要があります。

それには、レールターンなど、波とボードの相互作用に注目し、なぜ一定のマニューバーが効果的なのかを深く理解することが求められます。

サーフボードを操る際、レールターンは特に重要な技術の一つです。レールターンは、サーフボードの前足側のレールの形状と水の相互作用に重点を置いています。

サーフボードの前足側はレールに丸みがあり水流を吸着やすく、それによってボードは安定したホールド状態を保つことができます。このサーフボードの原理を理解することで、サーファーはボードに正確な重心移動をし、波の力を利用してスムーズな回転を実現できます。

具体的には、ボードの前足部分に体重をかけた状態でレールを波の面に押し付ける(レールを入れる)と、ボードはホールドしたまま安定して曲がります。

この時、ボードのテール部、レールエッジは水面上に残り、ボードの前部が安定して波と接することで、スムーズかつスピードに乗ったターンをすることができるのです。

逆に、テールスライドなどのより攻撃的なマニューバーでは、これを意図的に崩す動きが加わります。

サーファーは後ろ足に体重を移動させ、ボードのテールエリアのレール(水を離す特徴のあるレールエッジ)が、水面から離れることによってレールが解放され、ボードが旋回します。

これにより、ボードのテール部分が水面を滑り、ダイナミックなターンが生み出されるのです。

しかし、サーフィンを極めるためには、これらの高度な技術を安易に追求するだけではなく、ベーシックマニューバーを正しく、かつ繊細に行うことがとても大切です。

高度な技術は基本技術の応用に過ぎず、基本が身についていなければ、正確で洗練されたサーフィンは実現しません。

サーファーは波の特性を把握し、その上でレールターンのような基本的な動きを習得しなければならないのです。

\ LINE登録でクーポンコードを使うと30日間無料体験 /

クーポーンコード【surfmeshi01

具体例で見るレールターンの効果

具体的には、レールターンが正しく行われたライディングでは、サーファーは最小限の力で最大限のパフォーマンスを発揮できます。

これは、サーフィンの美しさと実効性を同時に最大化することを意味します。競技を例に取れば、判定者は単に技の難易度だけでなく、どれだけスムーズに波を捉え、効率的にスピードを生み出し、パワフルにマニューバーを決められるかを評価します。

ベーシックマニューバー(レールターン)は、サーフィン技術の中核です。これを理解し、実践していくことで、スピード、パワー、フローの統合された高いレベルのサーフィンが可能になります。

そしてこれこそが、見た目にも、得点にも、そして何よりサーファー自身のライディングの満足にも繋がるポイントなのです。

レールターンの正確な理解とその実践が競技だけでなく、フリーサーフィンにおいてもあなたのライディングを次のレベルへと引き上げることを信じています。

トップターンの際に後ろ足を使うことのメリットやデメリット

パワーの大きさはスプレーの量で表せます。

レールが入った状態のターン(ベーシックマニューバー)で飛ばすスプレーの量と、後ろ足を蹴りレールが抜けたテール(フィン)で飛ばすスプレーの量は、どちらが物理的にスプレーの量が多いでしょうか。

  • レールが入ってターンしているときに飛ぶスプレーの量
  • レールが抜けてテール(フィン)で飛ばすスプレーの量

一目瞭然ですよね。水の中で腕全体で飛ばす水の量と手のひらだけで飛ばす水の量のイメージと同じです。

レールが入ってターンしているときに飛ぶスプレーの量の方が圧倒的に多いです。

レールが入ったターン(ベーシックマニューバー)が基本となる。

サーフィンではターンの際にレールを深く掘り込むことでパワフルなスプレーを発生させます。レールが水中に深く切り込むことで生じるスプレーは、広く長く飛び、その量はターンの強さを象徴するものです。

対照的に、テールを強く蹴り上げることで生まれるスプレーは、ビジュアル的には迫力があるものの、その効果は必ずしも最適とは言えない場面もあります。

重要なことは、レールワークがターンの基本であるということです。ベーシックマニューバー(レールターン)は、バランスを保ちながら流れるような滑りを実現し、さらにはターンからターンへの繋がりも生まれます。これにより、フローとスピード、そしてパワーの相乗効果が生まれるのです。

\ LINE登録でクーポンコードを使うと30日間無料体験 /

クーポーンコード【surfmeshi01

後ろ足を蹴る(レールを抜く)メリットとデメリット

一方で、レールから解放されたテールスライドは、フラットなボード面が増すことで水に乗る感覚を損ない、結果としてスピードが減少してしまう場合があります。

では、どのような状況でテールを使うべきなのか、メリットは何か、デメリットはどう克服するのか。これらの問いに答えていきましょう。

まず明確にすべきは、全てのトップターンで強くテールを蹴り出すという一辺倒のアプローチは効果的とは限らないということです。

サーフィンでは、状況に応じた柔軟なフットワークが要求されます。物理的にはベーシックマニューバー(レールを入れたターン)の方が力強さを感じさせ、ビッグウェーブやパワフルな波で重宝します。

一方で、テールワークを活用することで、小波やソフトな条件下でのスピンやクリエイティブな動きを加えることが可能です。

レールワークのみに固執するとサーフィンの幅が狭まるという意見もあるでしょう。しかし、ベーシックマニューバー(レールを入れたターン)の基盤があって初めて、テールの動きを自在に操れるのです。

レールトゥレールのターンで得られるフローとスピード、パワーが、テールを使ったテクニカルなマニューバーを支える土台となるわけです。

サーフィン技術の向上は、身体をしなやかにコントロールし、波の力を最大限に利用することがカギとなります。レールとテールの適切なバランスによって、ハイパフォーマンスなサーフィンへとつながるのです。

体全体でボードに力を伝える方法

サーフィンにおいて、サーフボードを操作する際に体全体を使って力を伝える方法は極めて重要です。力強く波を乗りこなすためには、ただ腕力を使うのではなく下半身から始まる動きがその鍵となります。これは他のスポーツ、特にボール競技において力を全身に分散して使う原理と同様です。

例えば、野球で投球をする際、ピッチャーは後ろ足で地面を蹴り、その力を前足へと伝えながら体の回転を利用してボールを投げます。この一連の動作は重心移動と体の回転という二つの要素で構成されており、それによって力を最大限にボールに伝達させることができるのです。バッターがバットを振る動作もまた、重心移動と回転を基本として強靭なスイングを実現しています。

サーフィンの重心移動もこれと似た原理が働きます。ボード上で前脚を踏み込むことで加速し、後ろ足でボードを蹴ることでボードのテールをリリースします。それにはただ足を強く踏み込むだけではなく、足を跳ね上げることによってより大きな力を発揮できるようになります。ビッグウェーブへの対応やターンにおけるスムーズな動作など、サーフィンのあらゆる動作にこの原理が活きているのです。

しかし、このような動作が必ずしも全てのサーファーにとって自然に行われるわけではありません。実際には多くの初心者が、この技術を体得するまでには多くの努力と実践が必要とされます。だからこそ、各個人の体格やサーフィンスタイルに合わせた技術の習得が求められるわけです。

サーフィンにおいても、野球などの他のスポーツと同様に、効果的な重心移動と回転運動がパフォーマンス向上の鍵となると言えるでしょう。

テールハイとテールロー

サーフィンのテクニックにおいて、板の扱い一つで波を切る質が大きく変わります。とりわけ、テール(サーフボードの後端)の動きは、サーファーのパフォーマンスに直結します。サーフボードの前足を軸にして回転させ、テールを空中に跳ね上げる「テールハイ」動作は、波に対するアクロバティックな攻め方であり、プロサーファーがよく用いる高度なマニューバーです。

では、なぜテールハイが重要なのでしょうか。その理由は、テールハイによって発生するスプレーが、サーファーのスピードやパワーを視覚的に示し、サーフィンの質を高めるからです。

CTサーファーの多くは、リップ(波の最高点を打つ動作)の際に真上にスプレーを飛ばすことで、自身のスピード感やダイナミズムを披露します。

対照的に、テールローの動きは、水面に対してテールを平行に保ち、高い位置でのリリースをしないために、派手なスプレーや迫力を欠くことがあります。

ランキング下位にいるサーファーがリップで横へスプレーを飛ばしているのは、テールハイが十分に実践されていないことが要因の一つと考えられます。

フローを語る際にも、テールハイは重要な要素です。フローは、サーフィンにおける滑らかで調和のとれた動きを指します。波の速度に合わせて、スムーズな移動でポイント間を結びます。この時、テールハイによる強いリリースが、ボトムからトップへの最短距離を繋ぐ際に役立ちます。

ここで重要な点は、全てのマニューバーでテールハイが求められるわけではないということです。マニューバーには様々な種類があり、状況に応じてテールローを選択すべき場面も存在します。

しかし、下から上への強力なリリースが求められる場面では、テールハイがサーフィンの質を向上させることは間違いありません。

\ LINE登録でクーポンコードを使うと30日間無料体験 /

クーポーンコード【surfmeshi01

ボトムのパワーゾーンとトップのパワーゾーンの重要性

サーフィンの極意とは、波との共鳴、つまり「フロー」との一体化にあります。波の速度に身を委ね、スピードに合わせて滑走することが、まるで自然のリズムを体現するようなサーフィンを実現します。これは、波のスピードが速ければ速く、遅ければ遅く対応するという単純なことではありません。波の持つ力のことを、サーファーは「パワーゾーン」と呼びます。ボトム(波の底部)には特に強いパワーゾーンが存在し、このゾーンを利用してスピードをため、適切なタイミングでトップ(波の頂点)のパワーゾーンに移動するのです。

このような、点から点へと最短距離で移動するサーフィンが、最も美しく、効率的なフローを生み出すとされています。プロの試合を観察すれば、「ジョイン・ザ・ドッツ」の言葉を耳にするかもしれません。これは、パワーゾーンを巧みに結びつけ、流れるようなラインを描くことが、優れたサーフィンの証であると示しています。

しかし、ただ流れに身を任せるだけではなく、ボードの力強い蹴り出しによってもフローは生まれます。だが、不用意に力を使いすぎれば、フローを損ね、スピードが失われる場面もあります。

フラットなボードの状態では止まりやすく、力強いスピードとは反対になってしまうこともあるのです。

このように、究極のフローを実現するためには、ボトムとトップのパワーゾーンを上手く繋ぎ、滑らかな動きを保ちたいものです。時には、蹴り出しを上手く利用し、レイバックやその他の技を駆使してバリエーションに富んだサーフィンを見せることも、フローを生む上で重要になります。

サーフィンの持つ流れ、つまりフローの真髄を追求するには、波との一体感を意識し、パワーゾーンの活用、最短距離の移動、そして適度な力の加減が必要です。サーファーにとって、それぞれの波に対する適応力と表現力が、より美しいサーフィンを創造する鍵となるでしょう。

競技としてのサーフィンでは、スピードやパワーと言った要素と共に、このフローが非常に重要な評価ポイントとされます。トップサーファーたちは、それぞれの波に対して最適な速度感でサーフィンし、刻一刻と変わる波の状態に柔軟に対応することで高い評価を得ています。フローの継続こそが、最終的に持続的な速度と力強さを産むのです。

\ LINE登録でクーポンコードを使うと30日間無料体験 /

クーポーンコード【surfmeshi01

トップターンの技術と評価

サーフィンの評価基準は、時間の経過とともに変化してきました。かつては基本的なマヌーバーが中心でしたが、最近ではエアリアルのような高度な技も重視されています。

エアリアル単体で高得点が得られた時代もありましたが、現在のワールドツアーでは単純なエアリアルだけでは高得点が期待できなくなっています。この変化によって、基本技術の精度とそれにエアリアルを組み合わせることがより重要になってきました。

評価基準の変化の理由

サーフィンの評価において、ベースとなる技術、すなわち、しっかりとした前足の乗りでターンするような基本的なマヌーバーの重要性が再認識されてきています。これはサーフィンのスタイルとしての流麗さや安定性を求めるためであり、技の美しさや完成度といった要素がより評価されるようになっていることを示しています。

エアリアルなどの派手な技に頼るだけではなく、ベーシックマニューバーを確実にこなし、それにエアリアルなどの難易度の高い技を加えることが、総合的な評価を高める鍵となるのです。

\ LINE登録でクーポンコードを使うと30日間無料体験 /

クーポーンコード【surfmeshi01

具体例で見る評価基準の変遷

フェリペ・トレードやイーサン・ユーイングなどのトップサーファーたちは、ワールドツアーにおける評価の変化を体現しています。フェリペ・トレードはカリフォルニアに拠点を置きつつも、そのトータルな技術力で高得点を稼ぎ続けています。

一方、イーサン・ユーイングのターンは極めて上手く、彼の持つ「フロー」は世界最高水準と捉えられており、ベーシックマニューバーの重要性を証明しています。

ワールドツアーで求められる要素

ワールドツアーの評価基準には、多様な技を有機的に組み合わせて高得点を出すための戦略が求められます。単一の技に依存することなく、フローやコンビネーションを駆使し、見る人に感動を与えるようなパフォーマンスをすることが、サーファーには求められます。

再び技術の組み合わせの重要性に目を向ける

サーフィン評価においては、単なるエアリアルではなく、ベーシックな技術をしっかりとしたフォームでこなし、それにエアリアルなどの派手な技を効果的に組み入れるサーファーが高評価を受けやすくなっています。

ワールドツアーが進化し、技術の組み合わせの洗練が求められる現代において、ベース技術の重要性が再びクローズアップされているのです。

サーフィンの技術や審査基準が進化し続ける中で、各サーファーはその流れに適応し、自らのスタイルで勝利をつかむために技術の磨きをかけ続けていかねばなりません。

明日を意識すること

次世代を見据える若手サーファーたちは、ボトムからのパワーゾーンをしっかりと捉え、そこから波のフローに乗ってスムーズにトップターンへと繋げる技術を体得することが、さらなるレベルアップへの鍵となります。

向いて進むことだけに意識が向かず、さかのぼる動きを意識することでサーフボードを停滞させず、スムーズでリズムカルに波を駆け抜けることができるのです。

視点を常に波の動きに合わせ、ライディングする。それが、洗練されたサーファーの特徴であり、磨き上げるべきポイントなのです。

\ LINE登録でクーポンコードを使うと30日間無料体験 /

クーポーンコード【surfmeshi01

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次